小夏の風 小夏&晶太&仁太郎観察日記 conatuya.exblog.jp

ケアーンテリアの小夏&ノーフォークテリアの晶太&仁太郎の    小夏屋でございます。


by CONATUYA
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

晶太の肺水腫

ご無沙汰です。
PC不具合も諸事情も吹っ飛ぶほどの事態があり、
小夏屋かなり別世界にいたような二週間を過ごしておりました。

a0157892_121954.jpg


10月の末頃、晶太に咳の兆候が見られたので病院へ
厳しい心臓病の進行がみられました。
咳に関してはとりあえず気管からなのか、心臓からなのか両方を考え
気管支拡張剤と去痰剤、抗生物質で咳と体調の様子を見る。

心臓に関しては肥大がかなり、、、悪い状態になります。
肥大した心臓が気管を圧迫している。
レントゲンでは気管がうっすら白くなっているので
次の精密検査の予約を早急に決める事に。

それまではお家で安静、排泄などで外に出るときは抱っこかカート。
a0157892_12192786.jpg

この日から、急に王子様扱いになった係長、
今までより手厚いおもてなしの日々となりました。


途中、少しだけ歩いたり
a0157892_12194385.jpg



元気はいつも通りなので
a0157892_12194798.jpg

このまま検査まで大丈夫かなと、咳もだいぶ治まっていたので。

なんて思っていたら

ある日、ガクンと体調の変化を見つけ、すぐ病院へ。

チアノーゼが出ていて、即ICU(酸素室)入院、動かせないので
とりあえずレントゲンだけでも先に取りたいけど
今は酸素室で落ち着かせてからということで
(他の検査は動かすと命に関るのでこの時点では出来ませんでした)

一旦病院で預かり、電話をもらう事に
電話が来るまでの間、何がなんだかわからない状態で過ごしていたと思います。
正直2時間後に電話が鳴ったときは心臓がバクバクでした。


レントゲンはなんとかとれたようですが

「肺水腫」を起こしていました。

肺に水が溜まってる状態で、肺がレントゲンで白くなります。
肺水腫で命を落とす子は正直多いです。

晶太の状態を聞くと酸素室だと楽なようでシッポを振ってます。
とのこと。

ただ、酸素室から出すとちょっとで粘膜が白くなっていくので
重篤である。


晶太の心臓の件に関しては今まで一番怖いと思っていた状態ですが
午後タロと一緒に病院へ

肺の水を抜くため利尿剤の注射をし、ばんばんおしっこで出してもらう方法です。
肺の場合、針などで抜くという方法はありません。

これから3日間ほどは命の危険と隣りあわせで、今日は第一の峠だと。

先生が「こんな重篤な状態なのに、、、この食欲は普通ないんですけど」と
病院の薬を飲ませるための食事ガツガツと完食したらしい。。。

ただこの信じられない食欲が体力となって免疫になったことは確かです。

ほんの数分だけ抱っこ出来ましたが、すぐ舌の色が青白くなってくるので
すぐ酸素室に戻す事に。


入院させて処置してもらっている3日間
いつ急変してもおかしくない状態だったので正直生きた心地しなかった。

乗り越えて欲しいと祈るだけしか出来なくて
なんか涙がこぼれるというよりは、何も出来ないはがゆさに涙がにじむって感じでした。

最初の朝が明けたとき、電話が来るのが怖かった。
朝一番に病院へは行くことになっていたけど、その前に電話が来たらどうしようと…


朝急いで病院へ
その時に酸素室に入れる晶太の毛布を持参、その前に小夏さんに協力してもらう事に
a0157892_1383280.jpg

小夏臭をたっぷりとつけてもらいました。

昨日も毛布を同じ方法で置いてきたので
もちろん職人の匂いもつけて、、、こんな事しか出来なかった。

晶太は昨日よりは元気そうで
昨日からの利尿剤投与でだいぶおしっこは出ているとのこと
ただ、まだ油断は全然出来ないと。

やっぱり少しだけ抱っこ、、、昨日よりは数分長く。
顔をペロペロ舐めてくれるので切なかった・・・

でも昨日よりいい状態にほんとホッとした。
一番最悪な時期をひとつ乗り越えた気がして。

酸素室のレンタルがあるのでパンフレットを昨日病院から頂いておいた。
明日も酸素不足状態なら家に設置しようと思っていた。

病院では「出来る治療は全てやります」と言っていただいたので
病院に対してはほんと感謝である。
スタッフの方も晶太の世話をまめにしてくれていて
(利尿剤の影響でおしっこがすごいので)
「晶太ちゃんはフレンドリーでニコニコしててほんとかわいいんですよね~」
と帰る時に伝えにきてくれた。
ありがたかったです。

後ろ髪引かれる思いで病院を後にする。
あまり頻繁に顔を出すと興奮してしまうのも心臓に良くないので
さっと帰らないと晶太が逆に可哀想なので・・・けっこう辛い…

午前中に病院へ行ったので午後から夜まで長かった。
ずっと晶太のことばかり考えて、何も手に付かなかった。

明日はまた午前中にレントゲンをとって水の抜け具合をみる。
その説明があるので、午後に病院にいくことになってる。

このままの状態なら急変はおそらく無いでしょうと先生のお話。
2日目の峠もどうやら越えたようである。

胸がつかえる様な心配が少しだけ楽になった。

晶太の居ない家は静かでびっくりした。
小夏さんはそんな家でいちいちワンワンおしゃべりしないが
晶太は何でも「ハンハン、ヒンヒン、フンフン、ヘンヘン、ホンホン」
とおしゃべりな男であるから。

寂しい・・・と思った。
病院へ行くまでの時間がほんと長く感じた。

晶太、あと1日頑張って乗り越えてくれと
やっぱり祈る事しか出来ない 己の無力さを感じながら。


翌日、夕方病院へ
今日も小夏臭の毛布を持って

午前中も病院からの電話がなかったので、体調は悪くないのだと確信。

ただ、この先の体調管理など心配事はかなりある。

病院へ付くとICU(酸素室)に晶太が見えないから
あれ?っと思ったら
下の一般部屋に居た。

かなり元気そうでタロとリンを見つけたとたん「ヒャンヒャン」言い出した。

今日は朝から酸素室から出ていて普通に過ごしているらしい。
そして
「今日連れてかえってもいいですよ♪」 と言われた。

嬉しくて抱っこしながらレントゲンの説明を聞いた。

肺の水はほとんど抜けていた、まだ多少の水は出された利尿剤のお薬で出していくとに。

心臓の薬は増えた、、、というよりすでに飲み始めているが
想定内のことなのでそれは仕方ない。

強心剤と利尿剤が増えたけど、この利尿剤の方は強いので
今後腎臓のケアは必要になってくると思う。

あっちをとればこっちと問題は山積みだけど
優先順位を考慮して治療していくしかない。

晶太の酸素の供給に関しては、
今のところ問題ないので酸素室レンタルは先延ばしになった。
ホッとした。
でもすぐ手配や設置が出来るのを確認してるので
必要になった場合はスムーズに出来ると思う。


家に帰ってからの注意事項をよく聞いて
帰宅しました。

今日連れてかえってこられると思ってなかったので
あと2日入院かなと思っていました。

ほんと家に着いた時人間の方が、、、ぐったりでしたけど。

晶太もやっぱり病院で疲れたようで
ご飯を食べた後、安心して寝ていました。

スタッフの方が帰り際「良かったね晶太ちゃん、やっぱり帰りたいよね
(タロとリンが)帰ってしまった後すごく淋しそうでした」と言っていた。


食後はお薬のせいか1回おちっこが出て
a0157892_1383756.jpg

その日はゆっくり休ませる事に。
小夏さんも「あれ?アンタどこ行ってたわけっ!」って感じで
フンフンし合ってみんなようやく落ち着きました。

翌日からはおしっこの管理にちょっと忙しい。
利尿剤の影響で尿意とは別にもれてしまう事もあり

タイミングを見てサークルに入れてちっこを促したり

お漏らしも今の小夏屋ではOKでございます。
じゃんじゃん出てくれればいい。

手帳におしっこの回数や量、時間などを記入しています。
出ないときとか「さっきいつしたっけ?」というのを避けるため

先生が
「まだ人間でいえばICUから一般病棟に戻ったような状況なので
安静を心がけ、しばらくは外出禁止、興奮をさけて生活を」
との注意を頂いております。


なのでしばらく晶太は安静の日々ですが
ゆっくり体調を戻して行こうと思っています。
a0157892_1384247.jpg
本日もこんな風にのんびりゆっくり過ごしています。


その後大きな体調変化はなく生活していますが、
今後は以前よりまめに病院通いにはなりそうです。


長くなってしまいましたが小夏屋の最近でございました。
こんな状態なので、小夏日記の更新がまばらになるかもですが
晶太も頑張っていますので応援よろしくお願いします♪    小夏屋。
[PR]
Commented at 2015-11-10 20:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-11-11 08:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by KAO at 2015-11-13 09:12 x
晶太くん。
先日、おでかけでの楽しそうな姿を拝見しましたので本当に驚きました。
リンさんの文章が淡々としているので、きっと大事には至っていないだろうと思いながらも、とてもドキドキして少し涙目になりながら読みました・・・。
晶太くん、大変だったけど頑張ったね。
うんとのんびり安静にして元気になってね。
明るくてのほほんとした晶太くんが大好きだから、応援しているからね。
小夏母さんも頑張ってくださいね。本当に本当に、早くよくなりますように。祈っています。
Commented at 2015-11-15 12:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by CONATUYA at 2015-11-16 17:18
鍵コメさんへ
本当にありがとうございます。
応援が心に沁みています。
だいぶ元気になってきたので安心しています。
Commented by CONATUYA at 2015-11-16 17:20
鍵コメMママさん
応援ありがとうございました。
お陰さまで今日現在だいぶ元気でホッとしています。
別件は了解いたしました。
Commented by CONATUYA at 2015-11-16 17:29
KAOさん
ありがと~心配かけちゃいましたよね~
でもKAOさんからのエール本当に嬉しかったし晶太にも届いています。
急にガクンと来たので前回の旅行時はほんと調子良かったんだなと思います。
今回は晶太がいっぱい頑張ってくれたおかげだと思っています。
これからはワタクシがもっとしっかり管理して行こうと思っています(小夏屋 鬼の平社員)
でもね、、、元々依存度が高い坊主なんで益々拍車がかかってくるのがちょいと怖いような。。。
でも元気と引き換えならなんでも(いや、、、それは)
許せる今日この頃です♪
本当に本当にどうもありがとう、応援心に沁みました。
Commented by CONATUYA at 2015-11-16 17:32
鍵コメさん
お話了解しました。
どうもありがとう、晶太だいぶ落ち着いてきて
このまま安定してくれるといいなと思っています。
by CONATUYA | 2015-11-10 00:00 | 健康と体調 | Comments(8)